港区芝 歯科|芝公園駅近くの歯医者、池田歯科医院のインプラントのご案内です。

メニュー

診療内容診療内容

インプラント

インプラントのイメージ画像

インプラント治療とは、歯を失ってしまったところに人工の歯の根(人工歯根)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付け、もとからあったご自身の歯と同じ状態を回復する治療法です。
あごの骨と人工歯根をしっかりと固定することができるため、ほとんど違和感を感じることなく会話やお食事を楽しむことができるようになります。

こんな方にお勧めします

  • もう一度何でも噛める健康な歯に戻りたい方
  • 使用している入れ歯が合わない、外れる、痛い等でお困りの方
  • 入れ歯に抵抗がある方
  • 虫歯や歯周病で歯を抜くことになってしまった方
  • 事故などで歯を失ってしまった方

インプラントは従来の方法とどのように違いますか?

インプラントには、従来の入れ歯のようにアクリル系やプラスチックの床(ピンク色の部分)、あるいは残存している歯に引っ掛ける止め金が必要ないので、口の中がスッキリとし、本来の自然な運動が蘇ります。
また、製作された人工の歯もぴったりと固定されていますから、固いものも楽に食べられるようになります。

従来の方法との違い

インプラントをして、身体に影響はありませんか?

カルシテック・インプラントの表面に使われている材料は、ハイドロキシアパタイトと呼ばれ、顎(あご)の中で積極的に骨と結合しようとする生体活性材料です。
他のインプラントシステムと比較しても、さらに生体と馴染みやすく、身体には全く影響ありません。

身体への影響

インプラントにするとどのようなメリットがありますか?

★メリット1
歯が一本抜けている場合、従来の治療法では両側の歯を削りブリッジという方法が取られていました。
しかし、インプラントなら抜けた部分のみにインプラントを行うことができるので、他の歯を削る必要はありません。

メリット

★メリット2
たくさんの歯が抜けている場合、従来のブリッジなら残っている歯だけで、かむ力を支えなければなりません。
このかむ力はとても大きなものです。
インプラントにすると、本来の歯数のバランスがとれますので、咬合力(かむ力)による負担が少なくなります。

メリット

★メリット3
奥歯が抜けている場合、従来の方法では、取りはずしする入れ歯でしたが、インプラントにすると、取りはずさないですむブリッジが入れられますから、しっかりと固定され、安心して食事ができます。

メリット

インプラント術(2回法)の流れ

インプラント手術は1回法と2回法に分類されます。
当院では様々なケースに対応が可能でリスクも低い2回法を取り入れています。

一次オペ
切開のイメージイラスト
切開
インプラントを埋め込む部分の歯ぐきを切開します。
穿孔のイメージイラスト
穿孔
インプラントを埋め込むための穴をあけます。
埋入のイメージイラスト
埋入
骨孔にインプラントを埋め込みます。
縫合のイメージイラスト
縫合
切開した歯ぐきを縫合します。

治癒期間2か月~半年間

二次オペ
切開のイメージイラスト
切開
インプラントを埋入した部分の歯ぐきを切開します。
アバットメント装着のイメージイラスト
アバットメント装着
インプラント体にアバットメント(結合部)を装着します。
人口歯の装着のイメージイラスト
人口歯の装着
アバットメントに人工歯を装着します。
終了のイメージイラスト
終了

「ピエゾサージェリー」で低侵襲な外科手術が実現

ピエゾサージェリーの画像

手術のリスクやストレスを軽減する超音波医療機器ピエゾサージェリー

ピエソージェリーは血管や粘膜を傷つけることなく、超音波によって骨を削ることができる低振動な手術器具です。脳外科で使用していた器具を歯科用に改良したもので、ドリルやマイクロソーのように熱を発生させず、骨が火傷することがないため体に優しく低侵襲な医療機器です。

ピエゾサージェリーのイメージ画像

硬い組織だけを切除し軟組織を壊さない

ピエゾサージェリーは超音波振動で骨や歯のような硬い部分にのみ反応するという特徴があります。鶏卵で例えると、外側の殻膜だけを削り、内側のうすい皮膜は削らないという方法をとることができます。

当院がピエゾサージェリーを選ぶ理由
歯石を取るような感覚で骨の切削が可能
電動のドリルを用いた切削は振動による強い不快感が生じますが、ピエゾサージェリーは超音波を使用しているため低振動で患者さまの肉体的・精神的な負担を軽減します。
術後の腫れや出血を軽減
従来の手術は骨以外の血管や粘膜などの柔組織を傷つけてしまうことが多く術後の回復に時間がかかりました。ピエゾサージェリーは骨だけを削ることができるため術後の腫れや痛みを最小限に食い止めてくれます。
手術時間の短縮化
狭い術野でも効率的に骨切削が可能な高い操作性、軟組織を傷つけず出血を最小限に抑えることができるため手術時間の短縮に効果を発揮します。
骨の結合や造成をスピード化
骨へのダメージを最小限におさえ骨密度を高めるため骨の結合や骨造成のスピードを速めてくれます。骨がうすくてインプラントを諦めている方にもおすすめできます。
ピエゾサージェリーで上顎洞底拳上術を行うとこのようなメリットがあります。
骨切りの振動や不快感を軽減します。
従来の手術は、マレットと呼ばれるハンマーでノミを叩いて骨を砕いたり、ドリルで骨を削ったりしていましたが、脳に響くような振動や不快感がありました。ピエゾサージェリーは超音波振動で骨を削り、水流を流し込む水圧拳上法で上顎洞の拳上を行うため脳に響くような振動や不快感が発生しません。
シュナイダー膜損傷のリスクを回避します。
従来のドリルやオステオトームによる骨切りは、上顎洞のシュナイダー膜という粘膜を傷つけてしまう可能性がありましたが、ピエゾサージェリーは硬組織だけを特定して削り取ることができるため、シュナイダー膜の損傷を回避することが可能になります。
サイナスリフトの手術時間を最大で20分程度短縮できます。
従来の手法は歯肉を大きく切開したり骨を砕いたりする必要がありましたが、ピエゾサージェリーは骨に小さな穴を開けるだけなので、歯肉の切開や骨の開窓を最小限に抑えることができます。ドリリングによる骨の熱損傷や軟組織の損傷も少ないため短時間で低侵襲な手術が実現します。
このページの先頭へ

診療時間

月 火 水 木 金 土 日
診療日 診療日 診療日 診療日 診療日 診療日 休診日

午前:9:30~13:00、午後、14:30~18:00、日曜・祝日は休診となります

診療科目

アクセス

地図

東京都港区芝2-10-1
都営三田線芝公園駅 徒歩3分

モバイルサイト
東京医科歯科大学
東京医科歯科大学 TMDU

お知らせ

2022/11/1
『港区お口の健診』の後期分は11月1日から始まりました。
引き続き『すこやかちゃんフッ素塗布』は令和4年12月24日まで、
『口腔がん検診』も令和5年1月31日まで行なっております。
2022/8/31
港区『お口の健診』は前期の受付を終了致しました。
後期の受付は令和4年11月1日から令和5年1月31日までになります。

なお『口腔ガン検診』は引き続き令和5年1月31日まで行なっております。
2022/7/1
【 現在の診療状況につきまして 】
 新型コロナウイルス感染拡大下ではございますが、当院では感染予防対策を改めて強化し、通常通り診療を行っております。

今後、ご予約人数の制限や診療時間の変更等をさせていただく場合もございますので、その際は随時こちらの新着情報でご案内いたします。
2022/6/1
令和4年度の『港区お口の健診』は6月1日から始まりました。
前期分は8月31日まで行なっております。

なお『口腔がん検診』は同じく年6月1日から来年の1月31日まで。
『すこやかちゃんフッ素塗布』は12月24日まで行なっております。
2021/3/30
当院では保険証の代わりにマイナンバーカードが使えるようになりました。
初診時にマイナンバーカードが保険証の代わりになります。
今まで通り保険証のみのご提示でも大丈夫です。
また月ごとの保険証のご提示も必要ございません。
ただし、保険資格が変更になった場合は、保険証またはマイナンバーカードをご提示をお願いいたします。
自動精算機

この度、受付に
自動精算機導入しました。

スタッフが現金に触れることがなくなり、より衛生管理を徹底できるようになりました。
また、つり銭の間違いなどがなくなり、お会計の待ち時間短縮になります。

『当院の衛生管理』について→

当院は、港区の
『お口の健診』
『口腔がん検診』
実施歯科医療機関です

池田歯科医院では、港区の無料歯科検診『お口の健診』『口腔がん検診』を受け付けております。対象の方には、港区から受診券が送付されますので、事前予約の上ご来院ください。

『お口の健診』について→
『口腔がん検診』について→